公益社団法人比企青年会議所 7月第二例会の報告

7月第二例会「伝統文化を体験しよう!第8回比企こどもまつり」事業報告

7月14日に東秩父村にて行われました、「伝統文化を体験しよう!~第8回比企こどもまつり~」の事業報告をさせていただきます。
大変多くの方々にご協力、ご来場いただけましたこと、あらためてお礼申し上げます。

当日は生憎の空模様……。なんと、前回東秩父村で行った第3回比企こどもまつりも雨の中での開催だったそうです。黄色いジャンパーの足立理助村長とその奥に見えるのは「傘鉾」という東秩父村に伝わる山車で、今回お披露目されたのは、28年振り。お天気には恵まれませんでしたが、この地域に残る伝統を子ども達にも感じてもらえたことでしょう。
雨ニモマケズ、本部ブースは元気いっぱい!来場者の方々へ、ポップコーンをお配りします!

今年の比企こどもまつりは、「さあ!真夏の川で遊ぼう!伝統文化を楽しもう!第8回比企こどもまつり!」がスローガンでした。一番の目玉は、このウォータースライダー!自然あふれる槻川に、巨大ウォータースライダーで滑り込みます!
河原で行う竹水鉄砲づくりでは、大きな竹を節を残して切り、棒に布を巻き付けて水鉄砲を作ります。作った水鉄砲で的当て合戦!
そして、我々比企青年会議所としては、比企地域の伝統文化を体験しながら、どのような想いが伝統文化に込められているかを伝えるために、和紙すきと組子という木を組み合わせて模様をつくる木工技法で船をつくりました。
すいた和紙は鉄板に貼り付け乾燥させます。ひとりひとり個性のある和紙が完成して面白い!乾いた和紙を組子で作った帆に貼り付けて完成です!

特設ステージも大盛り上がり!竹で作った楽器を演奏したり、いつも比企青年会議所と一緒に活動してくれる大東文化大学のダンスチームStar☆Gateのダンスがあったりと、天気にも負けずに大熱狂でした。

今年で8回目を迎えた比企こどもまつり。このおまつりの根底にあるのは、比企地域のこどもたちに、もっとこの地域のことを好きになってほしい、地域の人々を好きになってほしいという想いでしょう。そして、そのために比企青年会議所だけではなく、比企地域で活動する商工会青年部や各種団体と手を携えて活動をしてきました。
ひとりではできないことも、ふたりならできる。ふたりでできなくても、ひとが集まれば多くのことができる。そして、多くの人が集まる力を持った団体が手を携えることができれば、この地域をもっともっと良くする原動力となっていくでしょう。

この比企こどもまつりを実行するにあたって協力をいただいた皆さま、そしてご来場いただいた皆さまに改めてお礼を申し上げます。ありがとうございました。