西入間青年会議所 第626例会11月第一例会の報告

11月9日、第626例会11月第一例会 自分と違う多様な価値観を認める共感力を高める事業として第34回鶴ヶ島産業祭りにて赤い羽根募金活動とともにワークショップ体験教室を西入間エリアの小学生のお子様たち18名と実施致しました。
前日の荷物搬入からお手伝い頂いたメンバー、当日朝早くからお手伝い頂いたメンバー、体調が悪い中駆けつけてくれたメンバーなど、多数のメンバーの皆様のご協力のおかげで、お子様たちの一生懸命に誰が為に実践する場を創出することができました。お子様たちは、皆楽しそうに、大きな声で呼び込みをしたり、来場者にあわせたコミュニケーションを実施しておりました。「また来年もやりたい、やって欲しい」というお声を頂けたのは何よりであります。
 今回の事業で、子どもたちに貴重な体験の場を提供出来たと思っております。様々な来場者に触れ、同世代の仲間とチームワークを通して絆を深め、誰かの為に一生懸命頑張り、誰かから承認される。ありがとうをもらうと、またありがとうを言われたくなる行動をしたくなるし、他者を思いやる心は、必ず今後の子どもたちの成長において、目まぐるしく変化する環境の中でも、常に大切にされていくと信じております。
今回の例会で、子どもたちとメンバーが事前説明会から当日と、ホントに近い距離感で接して頂き、子どもたちの為にご尽力くださったこと、改めて御礼申し上げます。