公益社団法人埼玉中央青年会議所 3月第1例会の報告

2019年3月12日、市民会館おおみやにて3月第1例会が開催されました。

会員交流委員会が主催する本例会は、「学ぼう!自分のコミュニケーション」をテーマに、コミュニケーションとは何か、また、良質のコミュニケーションが組織にどのような影響を与えるのかといった内容を、スリオス総合研究所所長の神戸清隆氏を講師に、会員交流委員の田中委員長との対談形式でご講演頂きました(神戸氏は旧浦和青年会議所や日本青年会議所に出向しご活躍をされた先輩です!)。

コミュニケーションのテクニックについての講演はよくあると思いますが、この例会では、コミュニケーションの土台となる私たちの「意識」について様々な学びを得ることができました。また、多種多様な人材と本気でコミュニケーションをとることで相互理解が生まれ、組織も活性化していくということを理解できました。

青年会議所ほど、多種多様な人材が集まる組織もありません(または、そうならなければいけないと思います)。その組織を活性化させ、メンバー個々人の能力やタレントを引き出すには、組織内での信頼関係に基づくコミュニケーションが不可欠なのです。そして、コミュニケーションの基本はFace to Face。近年、SNSなどでのやりとりも増えているかと思いますが、やはり人に会って直接話を聞く。それが信頼関係の醸成には欠かせないと改めて実感いたしました。

昨日の例会は、埼玉中央青年会議所が今後さらに活性化していくための一助となるはずです。神戸先生、貴重なご講演ありがとうございました。そして、田中委員長をはじめとする会員交流委員会の皆さん、お疲れさまでした!

http://www.jc766.com

▲埼玉ブロック協議会2019公式HPへ