一般社団法人幸手青年会議所 4月第一例会の報告

天候に恵まれ、桜満開の権現堂桜堤。
昨日4月7日(日)に我々、幸手青年会議所は4月第1例会を実施しました。

週末土日はこれまでの一日の来場者数記録を更新したのでは、と騒がれるほどとても多くの人で賑わっておりました。

権現堂桜堤までの道はどこも大渋滞。時間に余裕をもって会場入りしようとした我々も渋滞に巻き込まれ、かなり焦ったほどです。幸手の桜の知名度再認識すると同時に、会場の受け皿(駐車場など)を考えさせられる日でもありました。

さて4月第1例会は「桜ハンドアート」と題し、権現堂桜堤を背景に桜の木に手形で花を咲かせる事業を行いました。
(桜の木は島田副理事長:作)
多くの来場者の方のご協力があり、無事、桜を開花させることができました!

また同時に恒例となりました記念手形とりも実施。200人以上の手形をとり、笑顔溢れる例会となりました。

「今日は子供の誕生日なので記念に!良かった!」
「手形をとる機会なんてないから嬉しかった。ステキな事業だね!」

など笑顔だけでなくお褒めの言葉もいただき胸がいっぱいになりました。
そしてご協力いただきました幸手市商工会青年部の皆さまに感謝申し上げます。

一日ありがとうございました!

▲埼玉ブロック協議会2019公式HPへ